第52回高松宮記念(GⅠ)

第52回高松宮記念(GⅠ)

3月 27, 22
asakomori
no comments

2022年3月26日(土)

 あっという間に桜が満開となった。とても楽しい季節だ。楽しいといえば、今日はドバイワールドカップデーだ。現地での馬券発売はないが、日本では馬券が発売される。今年は日本馬が過去最大の22頭出走した。
 特に6レースのドバイゴールデンシャヒーン(GⅠ)は、レッドルゼルが、昨年に続いて惜しくも2着だったが、7レースのドバイターフ(GⅠ)は、パンサラッサが逃げて、3頭がゴール前で競り合って、長い写真判定の結果、吉田豊鞍上のパンサラッサ逃げ残り(矢作厩舎はこれで3連覇達成)と、ロードノース(初の連覇)が、1着同着。ヴァンドギャルドは惜しくも3着だった。このレースは歴史に残る素晴らしい3頭のマッチレースになった。
 また、8レースのドバイシーマークラッシック(GⅠ)は、優勝したのは、日本の昨年のダービー馬シャフリアール。日本のダービー馬が海外のGⅠで初優勝を果たした。そしてオーソリティは、逃げ残りの3着。惜しい。
 9レースのドバイワールドカップ(GⅠ)には、昨年の2着馬、川田将雅鞍上の7歳のチュワウィザードが出走。同馬はレース中最後方にいたが、ゴール手前の最後の末脚をかけたのだろう? 猛烈な追い込みをして3着。これも素晴らしいレースとなった。
 今年のドバイワールドカップデーは、8レースのうち日本の調教馬が5勝するという大活躍の楽しい嬉しい夜だった。今後も海外で沢山活躍して欲しいものだ。

第52回高松宮記念(GⅠ)IN 中京競馬場

 昨年のこのレースは、昼過ぎから降り出した雨で重馬場の中行われた。香港に続き中京でも2番人気の川田将雅鞍上のダノンスマッシュが、前走の香港スプリント(GⅠ)を勝って凱旋帰国。そして帰国第1戦目がこの高松宮記念。日本国内では8度目のGⅠ挑戦でJRA のGⅠを初制覇。父(ロードカナロア)も香港とこのレースも制覇していて、2戦連続GⅠ制覇。父子で同じ道をたどり父子制覇したのだった。そして2着は1番人気のレステンシアだった。今年は、そのレステンシアが、雪辱戦に燃える。
 さて、今年2回目のGⅠ高松宮記念。今年も馬場が悪そうだ。そして1200mの王者不在のレースとなるが、レステンシアが忘れ物を取りに出走してきた。迎え撃つのは17頭。どんなレースになるのかな。楽しみだ。

◎⑦レシステンシア    横山武史   牝馬5歳。一昨年が桜花賞2着、昨年のこのレースは2着。コースも馬場状態も問わず、この時期が一番得意で、安定感抜群。2度目のGⅠ奪取間違えなし。
〇⑰メイケイエール    池添謙一   牝馬4歳。素質最高。雨を味方にして、大仕事あるかも…。
▲⑱グレナディアガーズ  福永祐一   牡馬4歳。前走圧巻の走りで、距離短縮は大歓迎。福永騎手はこのレース4勝目を虎視眈々と狙って…。オーナーはGⅠ、26レース完全制覇に王手がかかる。優勝ならば史上初となる。
✖①サリオス       石橋 脩   牡馬5歳。朝日杯FSの勝ち馬。実力は上。初の1200Ⅿで復活を目指す。
△⑨ロータスランド    岩田望来   牝馬5歳。昨年のサマーマイルシリーズの王者。距離は問題なし。
△⑭ダイアトニック    岩田康誠   牡馬7歳。2年前は3着。復調。乗り慣れた岩田康誠騎手で完全復活。
△⑬トゥラヴェスーラ   鮫島克駿   牡馬7歳。昨年4着。末脚鋭い。要警戒。
★②ナランフレグ     松田恭介   牡馬6歳。末脚強烈。左回りが最適。展開一つで、急浮上。注意必要。

以上を ⑦レシステンシアから馬単マルチで ⑦⇔①②⑨⑬⑭⑰⑱  14点
              三連複で   ⑦→①②⑨⑬⑭⑰⑱  21点
              枠連で 4枠から総流し        8点
              合計                43点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。