第36回根岸S,第27回シルクロードS(GⅢ)

第36回根岸S,第27回シルクロードS(GⅢ)

1月 30, 22
asakomori
no comments

2022年1月28日(土)

来月の4日から冬季の北京オリンピックが、始まる。だがまだまだ新型コロナウィルスの感染拡大が世界中で広がっている。そして、日本では芸能界もスポーツの世界でもかなりの感染が広がってきている。特にオリンピックの選手は、隔離などで大変だが、気を付けて頑張って欲しい。我々は、今はどのように注意をして良いのかもよくわからない。
特にオリンピックの選手にもなると大変だと思う。また競馬関係者や騎手たちも本当に大変だと思うが、気を付けて競馬を開催して続けて欲しい。
さて、今年初めて、東京競馬場が始まった。今週は中京と小倉の開催もあり、家でじっくりと競馬三昧をしよう。

第36回根岸S(GⅢ)IN 東京競馬場

◉フェブラリーSに向けた重要な一戦

根岸SはフェブラリーSの前哨戦に位置付けられており、2016年モーニン、2018年ノンコノユメ、2020年モズアスコットと、過去10年の優勝馬から3頭の“春のダート王”が誕生している。また、2021年の優勝馬レッドルゼルは、続くフェブラリーSこそ4着に敗れたが、その後に挑んだUAEのドバイゴールデンシャヒーンで2着、秋にはJBCスプリントを制覇と、国内外の大舞台で活躍した。ここでは、過去10年の結果からレースの傾向を探っていく。

◉年明け初戦の馬が中心

過去10年の優勝馬はいずれも前走が前年のレースで、年明け以降に出走していた馬は2着と3着がそれぞれ1回あるのみと厳しい戦いを強いられている。1月にはすばるSやジャニュアリーSといったダート短距離のオープン特別が行われるが、そこで好走していた馬であっても苦戦するケースの方が圧倒的に多くなっている。予想は年明け初戦となる馬を中心に組み立てるべきだろう。
距離を短縮してきた馬に注目や若い世代が優勢も8歳馬は軽視禁物
(JRAホームページより)
このレースは1着馬のフェブラリーSに優先出走権が与えられる。

◎⑦ヘリオス       武 豊    騙馬6歳。ここが目標。逃げなくっても…。ハナにこだわらなくっても、このコース連勝中。V3ある。フェブラリーSへ。
〇⑧タガノビューティー  津村明秀   牡馬5歳。ダート巧者。東京巧者。豪脚指示。
▲⑤オメガレインボー   横山和生   牡馬6歳。東京替わりは好材料。末脚堅実。差しきる。成績安定感は一番だ。
✕⑨ソリストサンダー   戸崎圭太   牡馬7歳。実力上位。距離短縮は問題なし。狙いはフェブラリーでも、ここならもしかしたら、逆転あるかも…。
△④スリーグランド    岩田望来   牡馬5歳。目下16戦連続して掲示板を外していない。今回の舞台は5戦して4連対。フェブラリーへ向かってここが勝負。
△⑫タイムフライヤー   M・デムーロ  牡馬7歳。昨年の3着馬。東京がもっとも得意で、実績は上位で…。デムーロ騎手で…。
△⑯エアアルマス     Ⅽ・ルメール 牡馬7歳。昨年のフェブラリーSでは5着。復調気配だ。差しきりに期待。軽視禁物
★⑪テイエムサウスダン  岩田康誠   牡馬5歳。昨年よりも力はついて…。この距離の交流レースは4勝しているので、要注意。

以上を ⑦ヘリオスkら 馬単BOXで ⑤⑦⑧⑨   12点
            馬単マルチで⑦⇔④⑪⑫⑯   8点
            三連複で⑦→④⑤⑧⑨⑪⑫⑯ 21点
            枠連4枠から総流し      8点
            合計            49点

第27回シルクロードS(GⅢ)IN 中京競馬場

◉高松宮記念の行方を占う一戦

京都の芝1200メートルを舞台に行われている高松宮記念の前哨戦。京都競馬場の改修により、昨年に続き今年も中京・芝1200メートルで開催される。ハンデ戦のため重賞実績のない馬の出走も多く、2桁人気馬の好走も少なくない。そんなシルクロードSの傾向を、過去10年のデータからひもといていく。

◉7歳以上の馬は厳しい

過去10年の年齢別成績を調べると、6歳以下と7歳以上では好走率がガラリと変わる。ベテランの出走も多い重賞だが7歳以上の馬は割り引きたい
ハンデ55.5キログラム以上の勝率が高いや京阪杯と阪神Cの5着以内馬に注目また4番人気以内の馬の優勝が継続中(JRAホームページより)
波乱含みのこのレース、高松宮記念に向かって前場視界良好。

◎③メイケイエール    池添謙一  牝馬4歳。強い世代の牝馬。潜在能力最最高。馬具を工夫して…。好発進間違えなし。高松宮記念へ弾みをつけたい。
〇⑨カレンモエ      松山弘平  牝馬6歳。安定感は抜群。両親から受け継いだ血は最高だ。正攻法で走る。逆転必死。
▲⓾ナランフレグ     丸田恭介  牡馬6歳。末脚最高で、高松宮記念に向かって、逆転あるかも…。
✕⑬エーポス       亀田温心  牝馬5歳。この距離が最高。距離適性を証明する。高松宮記念へ向かって虎視眈々。
△⑰ジャンダルム     荻野 極  牡馬7歳。7歳だが、その地力に警戒。重賞でも問題なし。見直す。
△⑯シャインガーネット  田辺裕信  牝馬5歳。上手くはまればチャンス充分、左回りが良い。
△⑮ビアンフェ      藤岡佑介  騙馬5歳。速力は上位で…良馬場熱望。パワーとスピードを兼ね備えている。注意必要。
★⑤タイセイアベニール  幸 英明  牡馬7歳。7歳でも前走評価できる。好気配保って…。注意必要。

以上を③メイケイエールから馬単BOXで ③⑨⓾⑬   12点
             馬単マルチで③⇔⑤⑮⑯⑰   8点
             三連複で③→⑤⑨⓾⑬⑮⑯⑰ 21点
             枠連で 2枠から総流し    8点
             合計            49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。