第56回シンザン記念,第38回フェアリーS(GⅢ)

第56回シンザン記念,第38回フェアリーS(GⅢ)

1月 09, 22
asakomori
no comments

2022年1月8日(土)

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
新年、早々東京都内でも雪が降った。我が家の前でも8センチくらい雪が積もり、雪かきに大童だった。今も、雪かきされてないところは、凍っていて転びそうになる。今年も、転ばぬように、競馬も人生も頑張りたい。
さて、毎年、年の初めに、このページに書くが、競走馬は1月1日に全馬一斉に歳を取る。私もあと何日かすると年を取る。競走馬と同じだ。なんって考えて年の初めを迎える(笑い)。でもいくつになっても、誕生日は嬉しい。が、年を重ねるのは少々辛いものがある。競走馬は、遅生まれもいるのにかわいそうな気がするが…。
さあ、今週は、3日間開催だ。明日は3歳にったばかりの若駒たちの初重賞、超出世レースのシンザン記念だ。そして、明後日の月曜日は牝馬限定3歳馬の初重賞レース、フェアリーSが行われる。まずは年の初めはシンザン記念から予想を始めたい。

第56回シンザン記念(GⅢ)IN 中京競馬場

◉春の大舞台へ向け飛躍の一戦

過去10年だけを見てもアーモンドアイ、ジェンティルドンナという牝馬三冠馬2頭がこのレースで重賞初制覇を飾ってるほか、ミッキーアイルやピクシーナイトといった後のGⅠ馬もここで重賞初制覇を果たしている。京都競馬場の整備工事のため、昨年に続き中京競馬場の芝1600メートルで争われるが、京都競馬場で開催された2020年以前を含む過去10年の結果を分析する。

◉6番人気から9番人気の台頭が目立つ

過去10年の単勝人気別成績を見ると、2番人気の3着内率が70.0%に達しているが、1番人気が40.0%、3番人気が20.0%と、上位人気馬全体でみるとやや物足りない成績だ。その一方で、6番人気から9番人気が2勝を含む7連対をマークしている点に注目したい。過去10年で、上位3着までが5番人気以内の馬で決着したのは1回だけ。下位人気馬の台頭を常に警戒しておきたいレースだ。(JRAホームページより)
春に向かってのクラッシク候補生が登場。楽しみだ。

◎②ラスール       Ⅽ・ルメール  牝馬。スケール超大きい。潜在能力を指示。牝馬とは思えぬ馬体と風格。瞬発力に自在性の脚を兼ねそろえた逸材だ。今年のスターはこの馬だ。無傷で2勝目V。唯一無二の逸材。藤沢和雄師の引退に花道を添える。
〇③ソリタリオ      Ⅽ・デムーロ  牡馬。完成度抜群。センス抜群。左回りのマイルは4戦4連対。好位ダッシュから早めに動いてV3狙い。
▲⑨レッドベルアーム   川田将雅    牡馬。素材最高。マイルで折り合いついて…。見直し必至。要注意だ。
✖⑩マテンロウオリオン  横山典弘    牡馬。初重賞でも左回りなら問題なし、軽視は棄権。重賞を虎視眈々と狙って…。大仕事やりそうな横山典騎手に期待。
△①ビアーストニッシド  岩田康誠    牡馬。中京は経験済み。マイルで今回もVあるかも…。
△⑧ウナギノボリ     吉田隼人    牡馬。先々が楽しみな1頭。体調は良好。優勝圏内充分。
△⑥カワキタレブリー   松山弘平    牡馬。コース替わりも問題なし。当然主力の一角。要警戒。
★⑭モズゴールドバレル  坂井瑠星    牝馬。上積充分。マイルも問題なし。どんな競馬もできそう。牡馬相手のマイル戦でもヒケはとらない。要注意。

以上を ②ラスールから 馬単BOXで ②③⑨⓾   で12点
            馬単マルチで②⇔①⑥⑧⑭  で 8点
            3連複で②→①③⑥⑧⑨⓾⑭ で21点
            枠連 2枠から総流し    で 8点
            合計             49点

1月10日月曜日

第38回フェアリーS(GⅢ)IN 中山競馬場

◉春のGⅠ戦線を占う3歳最初の牝馬限定重賞

フェアリーSは2009年から3歳牝馬限定の芝1600メートル戦として行われており、2020年スマイルカナ、2021年ファインルージュとここ2年の優勝馬は桜花賞で3着に好走。2017年2着のアエロリットはNHKマイルCを制している。春のGⅠにつながる重要な一戦にはどのような傾向があるのかを探るべく、過去10年の結果を分析する。

◉前走もマイル戦に出走していた馬が中心

過去10年の3着以内馬30頭中19頭は、前走でも芝1600メートルのレースに出走していた。前走で同じ距離を走っていたという点はアドバンテージになるようだ。なお、3着内率は芝1800メートル以上だった馬の方が高く、そのうち2着に入った4頭は全て単勝8番人気以下だった点は覚えておきたい。(JRAホームページより)
過去10年で1番人気は1勝のみ、かなり荒れる要素プンプンのレース。

◎③スターズオンアース  石橋 脩   全体的に前回よりも成長。巻き返し必死。改めてここで期待して、今度は主役に…。
〇⑨エリカヴィータ    Ⅽ・ルメール センス最高。前回上がりが最速。変わらずの稽古で問題なし。V2目は重賞初制覇。
▲⑧ライラック      M・デムーロ マイルで巻き返し必死。手の内知っているデムーロ騎手に期待して…。
✖④ニシノラヴウインク  三浦皇成   V2狙って虎視眈々。
△②ビジュノワール    大野拓弥   素質馬。V2あるかも…。
△⑤スクルトゥーラ    横山武史   こちらも2勝目は重賞初制覇。乗れてる横山武史騎手に今年も期待大。
△①エバーシャドーネー  藤岡佑介   好気配でV2を虎視眈々と狙って…。
★⓾スプリットザシー   丸山元気   牝馬限定のこのレースで巻き返しに期待。要注意。頑張れ!丸山騎手。

以上を ③スターズオンアースから 馬単BOXで ③④⑧⑨ で 12点
                 馬単マルチで③⇔①②⑤⓾で  8点
                 3連複で③→①②④⑧⑨⓾で 21点
                 枠連2枠から総流し   で  8点
                 合計             49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です