第66回有馬記念(GⅠ)

第66回有馬記念(GⅠ)

12月 26, 21
asakomori
no comments

2021年12月25日(土)

後6日で今年も終わる。コロナ禍で、本当に全て我慢・我慢の1年だった。今年も旅行もできなかった。先日、友人が自宅をクリスマスのイルミネーションの飾りをしているというので、是非拝見したいと押し掛けた。自宅丸ごとイルミネーションだ、そして家の中の隅々までも素晴らしいクリスマスツリーの飾りに、美味しい食事に感激ひとしお。そのおもてなしに感謝・感謝の1日だった。1年の疲れも一辺に吹き飛んだ。

家の中には天井につくほど大きなクリスマスツリーが…!
大きな家に優しくイルミネーションの光が光っていた。
ミートローフ・グラタン、煮物等々全て手作りのおもてなし、美味しかった。
小窓にも可愛らしいクリスマスの飾りが、家の中も外も全てクリスマスの飾りで飾られていた。とても楽しいひと時にしばし時間を忘れて楽しんだ。本当に楽しい美味しいクリスマスとなった。

さて、今年の中山競馬場のクリスマスツリーは、どんなものだったのだろうか? この眼で直接見ることが出来ず本当に残念だ。来年は普段の生活に戻って中山のクリスマスツリーも見たいと思う。
そして今日は、中山競馬場では暮れの名物レース、中山大障害が行われた。引退のうわさも流れていた10歳のオジュウチョウサンが、圧巻のとびと強さと走りを見せた。
オジュウチョウサンと石神騎手に乾杯。レース後の石神騎手とオーナーの話。良い話なので載せてみた。これからもまだまだ頑張ってもらいたい。
中山で行われたJ・GⅠ中山大障害(3歳上オープン、芝4100メートル)は、好位から積極的に運んだ2番人気のオジュウチョウサン(牡10・和田郎)が早め先頭から押し切って、昨年の中山グランドジャンプ以来のV。2着ブラゾンダムールに3馬身差をつけて8度目のJ・GⅠ制覇を果たした。 騎乗した石神は「最近はふがいないレースが続いていたので、格好いい姿を見せたかったです。オジュウには感謝の言葉しか思い浮かびません」と感無量の表情。  一方の長山尚義オーナー(名義はチョウサン)は「久しぶりだね(笑い)。引退の話もあったりしたが、これなら来年の春も期待できそう。3月の阪神(スプリングジャンプ)から4月(中山グランドジャンプ)かな。長沼厩務員が東スポ動画で自信ありそうに話していたのを見たけど、その通り強かったね。ファンの応援に応えることができてうれしいです」と喜びを爆発させていた。(JRAホームページより)
いよいよ、明日は有馬記念だ。ここにも自由に行けない寂しさがある。毎年中山競馬場で有馬記念に行き、帰りに船橋法典の駅前で食事をする。これが友人たちと私の競馬収めであったが…。ここ2年出来ていない。来年こそは、中山競馬場に行けると良いな~。

第66回有馬記念(GⅠ)IN 中山競馬場

◉スターホースが一堂に会する国民的行事

昨年の有馬記念は、同年の宝塚記念を制していたクロノジェネシスが優勝。グレード制が導入された1984年以降の優勝馬延べ37頭中30頭は、前年以降にJRAのGⅠを勝っている馬だった。今年も現役屈指の実力馬がしのぎを削る一戦となりそうだ。日本中の注目が集まる年末の大一番を制し、2021年を最高の形で締め括るのはどの馬だろうか。過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

◉年齢やキャリアに注目

年齢別成績を見ると3歳馬が3着内率36.4%と比較的優秀な成績を収めている。一方、7歳以上の馬が3着以内に入った例はなく、6歳馬も3着内率が5.9%にとどまっている。比較的若い馬を高く評価した方がよさそうだ。(JRAホームページより)
有馬記念は過去10年で1番人気馬が7連対。6番人気以下が6連対。激戦のレースだが、今回も素晴らしい役者は揃った。今年のグランプリにふさわしい役者がそろった。

◎⑦クロノジェネシス  Ⅽ・ルメール 5歳牝馬。ファン投票2位。史上初春秋のグランプリ連覇4勝V、連覇を目指して、虎視眈々。コースも実績も最高。女王の勲章を掲げ有終の美を飾る。
〇⓾エフフォーリア   横山武史   3歳牡馬。史上最高のファン投票第一位記録を更新。今年の天皇賞(秋)馬。性能抜群。早くも超一流の域に達して…。距離を克服だ。世代の夢をのせて頑張れ!横山武史。
▲⑯タイトルホルダー  横山和生   3歳牡馬。ファン投票3位。大外枠でも、先行力生かして…。同年の菊花賞馬は、過去8勝。機動力有で9勝頭目を目指して優勝を虎視眈々と狙って…。兄の意地で2つ目のタイトルを狙う。
✖⑨ステラヴェローチェ Ⅿ・デムーロ 3歳牡馬。状態最高。その差し脚に警戒。兄の意地でこちらも優勝を虎視眈々と狙って…。
△⑤ディープボンド   和田竜二   4歳牡馬。スタミナ抜群。しぶとさも抜群で…。大仕事あるかも…。
△⑬アカイイト     幸 英明   4歳牝馬。ファン投票6位。エリザベス女王杯馬。幸騎手は有馬記念初騎乗で初勝利を虎視眈々と狙って…。
△⑪アリストテレス   武 豊    4歳牡馬。自在性の脚で変身注意。武騎手は4勝目の有馬記念V目指して…。
★②パンサラッサ    菱田裕二   4歳牡馬。大逃げに注目。6頭目の逃げ切り勝ちを目指して…ガンバレ!菱田騎手。

以上を⑦クロノジェネシスから  馬単BOXで ⑦⑨⓾⑯   12点
                馬単マルチで⑦⇔②⑤⑪⑬   8点
                3連複で⑦→②⑤⑨⓾⑪⑬⑯ 21点
                枠連  4枠から総流し    8点
                合計            49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。