第56回フローラステークス、第52回マイラーC(GⅡ)

第56回フローラステークス、第52回マイラーC(GⅡ)

4月 25, 21
asakomori
no comments

2021年4月24日(土)

先週の皐月賞は、3年連続でまたまた無敗の皐月賞馬が誕生した!  鞍上の横山武史騎手は、22歳の5年目で11度目の挑戦でついにG1の皐月賞を制覇した。道中は見事な内内回ってのエスコートでエフフォーリアが、終わってみたら3馬身の差で圧勝で優勝。
ゴールした後「やった~」「最高です~」「本当にうれしい~」と素直に大きな声でさわやかに、嬉しそうにインタビューにも答えていた姿は印象的だった。検量室前に戻ってきたときには、場内から大きな拍手がおこった。本当に素晴らしいレースだった。これで騎手での親子の皐月賞制覇は、史上3組目となった。そして無敗での優勝は史上19頭目。
エフフォーリアはダービーでもはじけてくれるに違いない。頑張れ!  横山武史騎手。


▲パドックでのエフフォーリア

▲馬場入りした時

▲スタートは全馬一斉に

▲ゴール前写真

▲ゴール後嬉しそうな横山武史騎手

▲インタビューでも嬉しそう

▲検量室に引き上げるときに感謝の気持ちを表して…

≪皐月賞払戻金≫
単勝 ⑦ 370円  枠連 4-7 1150円  馬単 ⑦⑬ 5510円
3連複 ③⑦⑬ 20000円   3連単 ⑦⑬③ 82320円

また、香港では4月25日に香港のシャティン競馬場でチャンピョンスカップデーに、日本馬が5頭参戦している。中でも牝馬の三冠馬デアリングタクトが松山騎手と共に参戦だ。頑張って欲しい。

さあ、今日は東西の競馬場で重賞レースが行われる。今日も楽しみだ。

第56回フローラステークス(GⅡ)IN東京競馬場

◉混戦・波乱模様のオークストライアル

フローラSには遅れてきた大物や、オークスへの出走が確定していない馬が優先出走権を狙って出走してくる。実際、2012年以降は重賞勝ち馬の出走がなく、過去10年間で3連単100万馬券が2度出現するなど、混戦・波乱のレースが繰り広げられている。
2勝馬が優勢。3勝以上挙げている馬はトライアルレースへ出走せずオークスへ向かうことが多く、フローラSの出走馬は2勝馬と1勝馬だけになりやすい。そのうち好成績を残しているのは勝利数の多い2勝馬で、勝率は15.9%、3着内率は31.8%と高い数字を記録している。12番人気で優勝した2017年のモズカッチャン、13番人気で3着の2014年マイネオーラムなど、2勝馬は下位人気での激走もある。(JRAホームページより)
1着馬と2着馬にオークスの優先出走権が与えられる。樫への切符は2枚。主力互角で…。

◎③ユーバーレーベン  Ⅿ・デムーロ   このレースで真価を発揮。切れ味最高。脚力上位。今回こそ勝ってオークスへ
〇⑧オヌール      川田将雅     瞬発力勝負なら負けない。性能高い。切れ味最高。勢い最高。3戦無敗でオークスへ
▲⑭オメガロマンス   横山武史     この舞台で光り輝く。決め手互角。素質上位。今週も横山武史騎手に期待して…。
✖⑮クールキャット   C・ルメール   条件絶好。距離延長でこの舞台が向く。東京のこのコース大歓迎。ルメール騎手で…。
△⑨パープルレディ   田辺裕信     切れ味注意。3連勝目あるかも…。
△⑯アンフィニドール  川島信二     素質十分。2戦目は重賞初Vで無敗でオークスへ
△⑦メイサウズアワー  石橋 脩     パワーアップして、軽視禁物。
★⑤スノークォーツ   戸崎圭太     久々でも問題なし。2勝上げてオークスへ

以上を③ユーバーレーベン から馬単BOXで ③⑧⑭⑮   12点
馬単マルチで③⇔⑤⑦⑨⑯   8点
三連複で③→⑤⑦⑧⑨⑭⑮⑯ 21点
枠連2枠から総流し      8点
合計            49点

第52回マイラーC(GⅡ)IN 阪神競馬場

◉今年は仁川で安田記念の前哨戦

春のマイル王者を決する安田記念の前哨戦となるこの一戦は、京都競馬場整備工事に伴い今年は阪神競馬場に舞台を替えて行われる。例年の京都開催開幕週と違い、今年は2月中旬から続く阪神開催の11週目にあたるため、馬場状態なども気になるところだろう。ここでは2012年から2020年の京都開催と2011年の阪神開催をあわせた過去10年のレース結果から、好走馬の傾向を探ってみたい。
前走が芝マイル戦以外だった馬が勝率・連対率で勝る。
過去10年の前走の距離別成績をまとめると、芝1600メートル戦から当レースに臨んできた馬が全出走馬延べ149頭のうち96頭と半数以上を占めているものの、優勝はわずか2回だけ。優勝馬に限ればマイル以外の距離から臨んできた馬の方が圧倒的に多い。ただし、3着馬10頭は全て前走が芝1600メートルだった。この辺りの偏りは予想する上で参考にしたいところだ。(JRAホームページより)
このレースは一着馬に安田記念への優先出走権が与えられる。

◎⓾エアロロノア    池添謙一    Ⅴ4目指して視界良好。素質開花。魅力いっぱいで…。
〇⑤ケイデンスコール  岩田康誠    完全復活で主役に躍り出るかも…。
▲②エアスピネル    鮫島克駿    8歳でもまだまだやれる。仕上がり好調。ビックタイトル目指して虎視眈々。
✖⑥アルジャンナ    福永祐一    改めて期待。見直し必至。
△⑯ギベオン      西村淳也    マイルは守備範囲。57キロでも問題なし。
△⑫ラセット      秋山真一郎   阪神マイルはあっている。叩いて前進。注意必要。
△⑦ボンセルヴィーゾ  松若風馬    好調維持。展開一つで3着までには…。
★⑬ワールドウインズ  藤岡康太    不気味で注意必要。

以上を⓾エアロロノアから馬単BOXで ②⑤⑥⓾    12点
馬単マルチで⓾⇔⑦⑫⑬⑯    8点
3連複で⓾→②⑤⑥⑦⑫⑬⑯  21点
枠連5枠から 総流し      8点
合計             49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です