第35回根岸S,第26回シルクロードS(GⅢ)

第35回根岸S,第26回シルクロードS(GⅢ)

1月 31, 21
asakomori
no comments

2021年1月30日(土)

今日から競馬は、中山競馬場から東京競馬場にと移った。関東地方は雪予想だったが、幸いにも霙や雨ですんで今日は、府中の芝は良馬場、ダートは重馬場だった。明日は根岸Sダートも良馬場になると良いな。
さて、今週の1月27日(水)川崎競馬場で今年初の中央と地方の指定交流G! レースが行われ、船橋所属の張田昴鞍上のカジノフォンテンが、見事逃げきって1番人気の中央馬オメガパヒュームを3馬身差で圧勝して優勝した。 南関東の馬が中央馬に勝ったのは10年ぶり。次走は船橋記念に出走予定だが、中央のレースにも参戦してほしい。地方競馬所属といえば、今週の東京の根岸Sに昨年の年度代表馬のサブノジュニアが参戦。応援しよう。

第35回根岸S(GⅢ)IN 東京競馬場

◉フェブラリーSの前哨戦

根岸Sは春のダートチャンピオンを決するフェブラリーSの前哨戦に位置付けられている。過去5年の勝ち馬はいずれもフェブラリーSに出走し、3勝、3着1回、5着1回と全馬が5着以内に入っている。今年も春のダート王者に上り詰める馬がここから誕生するのだろうか?
前走重賞組が7連勝中。過去10年の出走馬について、前走別の成績をまとめると、前走がダートのレースだった馬の中では「ダートのGⅠ・JpnⅠ」組の3着内率が最も高い。また、「ダートのGⅢ・JpnⅢ」組が5勝を挙げている。「ダートのオープン特別」組は連対率と3着内率で「ダートのGⅢ・JpnⅢ」組と同程度の数字を残しているが、優勝したのは2013年のメイショウマシュウが最後で、2014年以降の優勝馬7頭はいずれも前走が重賞だった。(JRAホームページより)
1着馬には、GⅠフェブラリーSの優先出走権が与えられる。

◎③レッドリゼル    川田将雅   ダートでは13戦11連対重賞初勝利してフェブラリーSに絶対行く。東京得意、広い東京で末脚爆発。この距離が得意。
〇⑥タイムフライヤー  C・ルメール 底力は上位。距離短縮は大歓迎。次走のフェブラリーS見据えて虎視眈々。
▲⑯ステルヴィオ    横山武史   18年度の芝のマイルCS優勝馬二刀流目指して、血統からダートはOK.その初ダート戦に注目。
✖⑨ヘリオス      北村宏司   速力は互角。乗り込み充分で仕上がり最高。
△⑫テイエムサウスダン 石橋 脩   本格化して…。左回り得意で重賞でも要注意。
△⑭アルクトス     田辺裕信   センス抜群。59キロでも問題なし。
△⑧スマートセラヴィー 戸崎圭太   充実ぶり最高。動きも軽快で、重賞初挑戦でも先行して粘れれば…。
★⑮デザートストーム  三浦皇成   東京向きの脚で…力強さありで好調。注意必要。
応援馬券⑪サブノジュニア  ガンバレ馬券 ガンバレ森泰斗騎手。

以上を ③レッドリゼル から馬単BOXで  ③⑥⑨⑯  12点
馬単マルチで③→⑧⑫⑭⑮   8点
三連複で③→⑥⑧⑨⑫⑭⑮⑯ 21点
枠連2枠から総流し      8点
複勝 ⑪サブノジュニア    1点
合計            50点

第26回シルクロードS(GⅢ)IN 中京競馬場

◉2021年の短距離路線を展望するうえで見逃せない芝短距離重賞

2018年のシルクロードSを制したファインニードルは、同年の高松宮記念とスプリンターズSで優勝を果たし、JRA賞最優秀短距離馬のタイトルを獲得した。また、2019年のシルクロードSを勝ったダノンスマッシュは、2020年の香港スプリントで海外G1制覇の偉業を成し遂げている。その他にも、2020年の優勝馬アウィルアウェイが同年のスプリンターズSで3着に食い込むなど、芝短距離戦線の主役クラスを次々と送り出している注目の一戦だ。今年は中京・芝1200メートルで行われる。
前走好走馬が優勢。過去10年の3着以内馬延べ30頭中23頭は、前走の着順が「5着以内」だった。一方、「6着以下」だった馬は3着内率9.1%と苦戦している。まずは前走好走馬に注目すべきだろう。
なお、前走の着順が「6着以下」だったにもかかわらず連対を果たした4頭は、いずれも“前年以降のJRAのGⅠ・GⅡ”において4着以内に入った経験のある馬だった。前走が6着以下、かつ前年以降にGⅠもしくはGⅡで4着以内に入っていない馬は割り引きが必要だ。(JRAホームページより)
高松宮記念のステップレース。混戦模様。

◎⑮モズスーパーフレア 北村友一   現役屈指の快速馬。スピード全開で押し切る。GⅠ馬、その格を信頼。
〇②ライトオンキュー  古川吉洋   今回が狙い時かも…。今の時計のかかる馬場は大歓迎。大仕事を虎視眈々と狙って…。
▲⑱クリノガウディ   鮫島克駿   展開一つで、変わり身に期待。
✖⑫ラウダシオン    Ⅿ・デムーロ 態勢整った。中京のコースは歓迎。
△⑬シヴァージ     福永祐一   終い確実に伸びる。展開が味方すれば差し切れるかも…。
△⑨ヴェスターヴァルト 富田 暁   相手が強くなっても今の勢いで…。頑張れ!富田騎手。
△⑦エイティーンガール 坂井瑠星   昨年の2着馬。久々を苦にせずに動けるのが強み。仕上がり上々。要警戒。
★⑭トゥラヴェスーラ  福永祐一   左回りの前走と同じコースで好調で要注意。

以上を ⑮モズスーパーフレア から 馬単BOXで ②⑫⑮⑱   12点
馬単マルチで⑮⇔⑦⑨⑬⑭   8点
三連複で⑮→②⑦⑨⑫⑬⑭⑱ 21点
枠連 7枠から総流し     8点
合計            49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です