第72回阪神ジュベナイルF(G1)

第72回阪神ジュベナイルF(G1)

12月 13, 20
asakomori
no comments

2020年12月12日(土)

先週のCは単勝1,4倍の一番人気のクリソベルリがまさかの4着。これで国内の連勝記録は8で止まってとうとう、土がついた。それが競馬というものなのかもしれない。強い馬が、全馬にマークされて走る。いつもどおりの競馬をしたはずだったクリソベリルだったが中団からマークしながら競馬をした、4番人気の戸崎圭太騎手鞍上のチュウワウィザードが、直線で力強く差し切って見事に無敗の王者を倒して、新ダート王に輝いた。対戦4度目で初めての勝利。戸崎圭太騎手は落馬負傷から見事に復活。「戸崎ここにあり」を証明した。また、2018年に皐月賞を勝って以来のJRAGⅠの勝利となった。

≪チャンピオンズC払戻金≫
単勝 ⑪1330円   枠連1-6  馬単 ⑪② 11170円
ワイド ②⑪ 770円 ⑪⑬ 3970円 ②⑬ 3740円
3連複 ②⑪⑬ 35310円  3連単 ⑪②⑬ 206940円

秋のGⅠ第12弾 第72回阪神ジュベナイルF(G1)IN阪神競馬場

◉近年の2歳女王決定戦は上位拮抗傾向

阪神ジュベナイルフィリーズは2歳牝馬の女王を決めるレース。かつてはGⅠレース史上最高配当(1992年、馬連12万740円)が出るなど波乱のイメージが強いレースだったが、2006年以降は全て5番人気以内の馬が勝利している。今年も上位人気馬が勝つのか、それとも久しぶりに人気薄の馬が勝利をつかむのか。(JRAホームページより)
このレースは過去に4着以下の成績の馬は苦戦を強いられている。果たして今年は?白毛の無敗のアイドルホースがついにG1の夢の舞台にやってきた。迎え撃つは17頭。今年も仁川のターフに、役者は揃った。

◎⑥ソダシ       吉田隼人   無傷の3連勝。白毛初のG1、JRAⅤの快挙へ態勢は万全。実力兼ね備えたアイドルホース。軽快な先行力と力強い末脚は紛れもない一級品。白い旋風を巻き起し、またまた歴史を塗り替える。
〇⑦サトノレイナス   C・ルメール 無傷の2連勝。父譲りの切れ味は抜群。右回りは得意。東の大将格登場。完成度は最高でV狙って…。国枝厩舎の新しいスター誕生目指して虎視眈々。
▲⑯インフィナイト   北村友一   態勢万全。混戦向きの差し脚最高。良馬場でもどんな脚を見せるか楽しみ。北村騎手は、このレースの史上4人目の連覇狙って虎視眈々。
✖⑱メイケイエール   武 豊    身体能力相当高い。外枠最高。逆転十分。距離克服して4連勝目はGⅠⅤで…。
△⑫オパールムーン   横山典弘   豪脚の持ち主。末脚に警戒。横山典弘騎手の秘策に警戒。
△⑪ユーバーレーベン  Ⅿ・デムーロ 反撃必死。デムーロ騎手に期待かけて…
△⑭ポールネイロン   藤岡佑介   2戦2勝馬は、4年連続連対中。注意必要。素晴らしい心肺能力の持ち主。雰囲気良好。リラックスして走れれば、3着までには入る。
★⑰フラリオ      浜中 俊   立て直し必死。マイル戦でも問題なし。浜中騎手に期待かけて…。注意必要。

以上を ⑥ソダシ から馬単BOXで ⑥⑦⑯⑱  12点
馬単マルチ⑥⇔⑪⑫⑭⑰   8点
三連複⑥→⑦⑪⑫⑭⑯⑰⑱ 21点
枠連 3枠から総流し    8点
合計           49点
(がんばれ!馬券⑧ヨカヨカ(熊本産馬応援)1点)

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です