第81回菊花賞(GⅠ)

第81回菊花賞(GⅠ)

10月 25, 20
asakomori
no comments

2020年10月25日(日)

先週の秋華賞は、史上初の無敗での牝馬三冠に輝いたデアリングタクトは、本当に強かった。一頭だけ次元が違う走りをして競馬ファンを魅了させ、歴史を変えてくれた。レース後、鞍上の松山弘平騎手は、「パドックで入れ込んでいたが、絶対に大丈夫だと信じて乗った。」「馬にありがとうと言いたい」と、嬉しそうに語り「これからもファンの皆様に良いレースが見せられるようにしたいと思います」とすがすがしい表情が印象的だった。

≪秋華賞の払戻金≫
単勝 ⑬ 140円  枠連6-7 2580円  馬単 ⑬⑫ 3140円
三連複⑧⑫⑬ 17920円   三連単 ⑬⑫⑧ 44110円

さて、今週はクラシックレースの最後のレース菊花賞が、行われる。今週もここまで無敗の2冠馬コントレイルが、3冠目を目指して出走。15年ぶりに父ディープインパクトと同じ無敗での偉業を達成すること間違えなし。
そういえば、15年前、一人で京都競馬場に行き、この眼でディープインパクトの三冠達成の瞬間を見ることができた。15年前のあの日の菊花賞は超満員。帰りは、競馬場から駅まで5分もかからないところを、人人人で一時間以上かかった。でもだれしも今見た光景に満足して、駅までたとえ何時間かかったとしても文句は出なかっただろう。それほど素晴らしいレースだった。生でディープインパクトの三冠達成の瞬間をみたことが懐かしく思い起こされる。

秋のGⅠ戦線第3弾クラシックレース 第81回菊花賞(GⅠ)IN 京都競馬場

◉新興勢力の台頭が目立つ3歳クラシックの最終関門

グレード制が導入された1984年以降の菊花賞における優勝馬36頭中、4分の3にあたる27頭は、この菊花賞でGⅠ初制覇を果たした馬だった。現在のところ2013年から7年連続でGⅠ未勝利馬が優勝を果たしているが、その2013年以降は計5頭のGⅠウイナーが出走していたものの、3着以内に入った馬は1頭もいない。クラシック最終関門の菊花賞は、皐月賞や日本ダービーとは異なる資質を問われるレースと言えそうだ。(JRAホームページより)
今週も無敗の1強馬に、打倒コントレイルの燃える17頭が果敢に挑戦。今週も歴史が変わるぞ。父ディープインパクトに並ならんで偉業を達成すること間違えなし。さあ、史上3頭目の無敗での3冠達成の快挙に向かって死角なし。新たな歴史の証人になろう。

◎③コントレイル    福永祐一   絶対の能力の違いを見せつけて、飛びぬけた実力の持ち主、史上3頭目の無敗のⅤ7で3冠達成間違えなし。名馬伝説の誕生。偉大な父に贈り物をする。ここは誰も逆らえない。
〇⑥ヴェルトライゼンデ 池添謙一   この舞台がこの距離が最高。好枠を引き当てて態勢整って、兄弟制覇なら4組目。打倒コントレイルに燃える。
▲⑪バビット      内田博幸   4連勝中の勢いに乗って、史上8頭目の逃げ切りⅤを狙って…。こちらも虎視眈々。
✖⑭ヴァルコス     岩田康誠   乗り替わり注意。気合乗って、この距離で本領発揮。友道師は史上2人目の2連覇狙って虎視眈々。
△⓾サトノフラッグ   戸崎圭太   好調持続。春のクラッシクのリベンジを狙って…。
△⑨アリストテレス   C・ルメール 不気味だ。スタミナ十分。抽選を突破した勢いに乗って…。
△⑧ディープボンド   和田竜二   前走優秀。応力は万全。長く良い脚使えるステイヤー。京都競馬場向きの脚。
★⑬ロバートソンキー  伊藤工真   想像以上に地力強化。クラシックGⅠ初騎乗の伊藤工真騎手頑張れ!

以上③コントレイルから 馬単 ③→⑥⑧⑨⓾⑪⑬⑭ で7点
三連複⓷→⑥⑧⑨⓾⑪⑬⑭ で21点
枠連2枠から総流し    で 8点
合計           36点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です