第20回アイビスSD(GⅢ)

第20回アイビスSD(GⅢ)

7月 26, 20
asakomori
no comments

2020年7月25日(土)

夏の風物詩、隅田川花火大会の特別編のテレビ中継があるというので、見ていたら、なんと我が家のテレビとは音が少しずれて、ズーン、ドーン、パチパチという音が聞こえるではないか! この中継の花火のうち上げが、調布の某所で挙げられたのだった。我が家からは目で見ることができなかったが、粋な花火に、しばし心が弾んだのだった。
さて、今週から始まった札幌と新潟。緑の芝の絨毯がとてもきれいだ。前が止まらない高速馬場だ。そして、ビックリは、新潟の1Rでのこと。16頭立て千直のレースに同じ馬主さんの12頭だしという、史上初の出来事があった。また、開催がかなり変則で、今週から8月9日迄が2場だけの開催で不思議に思っていたら、オリンピックが行われる予定だからだった。
風物詩といえば、新潟の名物レースアイビスSDが明日行われる。初めて目の当たりでみた直線千メートルは本当に迫力満点だ。一度見たら忘れられないこと間違えなしだ。

第20回アイビスSD(GⅢ)IN 新潟競馬場

★“韋駄天”が集う新潟の名物重賞

アイビスサマーダッシュはJRAで唯一、直線コースで行われる重賞だ。創設当初から快速自慢がしのぎを削り、第2回(2002年)でカルストンライトオがマークした53秒7の勝ちタイムは、今なお芝1000メートルのJRAレコードとして残っている。サマースプリントシリーズの第3戦でもある。(JRAホームページより)
今年もスピード自慢が集結したこのレース。開幕週の重賞レースにふさわしいごみたえがいっぱいのレース。

◎⑬ライオンボス    鮫島克駿  千直のスペシャリスト登場。当然主役で連覇濃厚。この舞台は5戦4勝。前走よりここを目標にして…。
〇⑤ナランフレグ    丸田恭介  末脚強烈。差し切るあるかも…。手の内入れている丸田騎手とのコンビで逆転を虎視眈々と狙って…。
▲⑧ダイメイプリンセス 秋山真一郎 7歳でも衰えなし。一昨年の優勝馬は再びここを狙って…。
✖⑨ジョーカナチャン  菱田裕二  ダッシュ抜群。能力高し。更に直線競馬はベストだ。
△⑪アユツリオヤジ   柴田善臣  重賞のここでも不気味な存在だ。
△⓾イベリス      浜中 俊  久々でも問題なし。千直問題なし。注意必要。
△⑮モンペルデュ    西田雄一郎 不気味で…。初芝も注意必要。
★②ラブカンプー    藤田菜々子 2年前は2着。56キロでも、復活狙って…。菜々子騎手で、期待大。人馬共にここ得意。

以上を ⑬ライオンボス から 馬単BOXで ⑤⑧⑨⑬  で12点
馬単マルチで⑬⇔②⓾⑪⑮で 8点
三連複で⑬→②⑤⑧⑨⑪⑮で21点
枠連 7枠から総流し    で  8点
合計         49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です