第56回七夕賞、第25回プロキオンS(GⅢ)

第56回七夕賞、第25回プロキオンS(GⅢ)

7月 12, 20
asakomori
no comments

2020年7月11日(土)

夏競馬が始まって2週目の今週も、雨に泣かされそうだ。

第56回七夕賞(GⅢ)IN 福島競馬場

◆サマー2000シリーズの開幕を告げるハンデ重賞

中山競馬場で行われた2011年を含む過去10年の優勝馬を見ると、3番人気以内の馬が5勝しているが、10番人気以下の馬も3勝と、ハンデ戦らしく下位人気馬の台頭も目立っている。なお、11番人気で勝利を収めた2018年のメドウラークをはじめ、過去10年の優勝馬のうち3頭が同年のサマー2000シリーズを制している。同シリーズの開幕戦としても注目される一戦だ。(JRAホームページより)
サマー2000シリーズの第一線の今回は、馬場が相当の悪化で、実力馬は休み明けが多く、波乱の要素プンプンだ。データ的にもここ10年では1番人気が3連対6番人気以下が8連対。馬単馬券も万馬券が出たのは5回もある。

◎⑥ジナンボー    D・レーン  状態万全で、この今日得意、馬場状態も展開も問題なし。押し切る。
〇③クレシェンドラヴ 内田博幸   昨年の2着馬。ここ目標に調整されて…。福島巧者で久々でも問題なし…。
▲⑪ヒンドゥタイムズ 北村友一   まだまだ底見せていない。更に良化している。
✖⑤マイネルサーパス 国分勇作   福島得意。久々でも問題なし。勝機到来か?
△⑫ヴァンケドミンゴ 酒井 学   心身ともに成長一途。福島コース4戦4勝と最も巧者だ。ハンデ54キロも有利。
△⑬ヴラヴァス    福永祐一   道悪を苦にしない。55キロなら好勝負間違えなし。鞍上は全場重賞制覇を虎視眈々と狙って…。
△⑮リュヌルージュ  Ⅿ・デムーロ 牡馬相手でも問題なし。52キロのハンデ生かして…。デムーロ騎手で更に要注意。
★②ウインイクシード 横山武史   ここを目標に定めて…。この距離なら堅実に走る。注意必要。

以上を ⑥ジナンボー から  馬単BOXで ③⑤⑥⑪で12点
馬単マルチで⑥⇔②⑫⑬⑮で8点
三連複⑥→②③⑤⑪⑫⑬⑮で21点
枠連 3枠から総流し   で8点
合計           49点

第25回プロキオンS(GⅢ)IN 阪神競馬場

◆梅雨時のダート1400メートルのスピード比べ

梅雨時に開催されるため馬場が湿りやすく、過去10年間でレコードタイムが4回も塗り替えられている。2018年にマテラスカイが記録した1分20秒3は、JRAの全競馬場を通じたダート1400メートルのJRAレコードである。2012年からは中京で行われてきたが、今年は京都競馬場の整備工事の影響もあって、阪神・ダート1400メートルで開催される。このレースは2010年に阪神、2011年に京都で開催。(JRAホームページより)
今年は10年ぶりに阪神で開催される。中京競馬場での過去8年では1番人気が4連対。万馬券は一回だが、こちらも馬場は相当悪そうで…。

◎⑭サクセスエナジー  和田竜二  今が充実一途で…。この枠なら揉まれずに行ける。V3間違えなし。
〇⑤レッドルゼル    川田将雅  成績安定で好気配だ。動き自在で勝ち負け。
▲⑦ラブタス      幸 英明  スピード全開で逃げれれば…。真価問われる一戦で、負けられないと虎視眈々。
✖⑨スマートダンディ  秋山真一郎 舞台は最適。56キロ有利。重賞初制覇を虎視眈々と狙って…。
△⑥サンライズノヴァ  松若風馬  この距離得意。59キロでも問題なし。3着までには入るとみて…。
△④ミッキーワールド  松山弘平  初コースでも56キロで問題なし。
△⑫トップウィナー   浜中 俊  この距離はベストだ。中5週疲れなし。V4 あるかも…。
★⑯ヤマニンアンプリメ 武 豊   今のデキは前走以上。牡馬相手でも問題なし。要注意。

以上を ⑭サクセスエナジーから 馬単BOXで ⑤⑦⑨⑭で12点
馬単マルチで⑭⇔④⑥⑫⑯で8点
三連複で⑭→④⑤⑥⑨⑫⑭⑯で21点
枠連 7枠から総流し   で8点
合計           49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です