第61回宝塚記念(GⅠ)

第61回宝塚記念(GⅠ)

6月 28, 20
asakomori
no comments

2020年6月27日(土)

6月24日水曜日、大井で京王賞が行われた。例年ならば、地方競馬(特に南関競馬)が大好きな友人たちと大井競馬場にはせ参じるのだが…。大井も勿論今は無観客で競馬は行われている。そこで、新聞片手にリモートで、競馬談義を行いながら馬券を買った。今年の帝王賞は、中央のダート路線の強い馬たちが大挙参戦して大いに盛り上がった。結果は2番人気のクリソベリルが、直線一気に抜け出して快勝した。2着は昨年の覇者で一番人気のオメガパヒュームだったが、2馬身の差をつけていた。3着は3番人気のチュウワウィザードだった。ノンコノユメを応援したが及ばずの5着だった。馬券は、枠単などもあり手広く買って…。すべて当たったのに、相当なマイナとなった(笑い)。クリソベリルは、国内では7戦7勝の負け知らず、前走はサウジアラビアでのレースで7着が一回のみで、昨年は、JRAの3歳で最優秀ダートホースに輝いていたのだった。秋にはまた、ダートのG1に挑戦予定。頑張って欲しい。
そして、2020年も半年がたとうとしている。競馬の世界では、中央競馬は2月29日(土)から無観客競馬開催から、7月19日(日)まで無観客競馬となった。約5か月近くだ。以降はいまだ未定だそうだが、7月末日から始まる新潟競馬からは、普通に観客を入れられるようになると良いのだが…。
さて、春のGⅠ戦線締めくくりのGⅠ、宝塚記念が阪神競馬場で行われる、梅雨の真っただ中で、特に雨予想だ。馬場が相当あれるし、このレース1番人気が‘15年以降5連敗中だ、今年は、コロナの関係で、ドバイのレースが中止になった関係で、8頭のGⅠ馬が参戦する、夏のグランプリにふさわしいメンバーとなった。

第61回宝塚記念(GⅠ)IN 阪神競馬場

◎波瀾の決着も珍しくない上半期の大一番

2019年の宝塚記念で自身2度目のGⅠ制覇を果たしたリスグラシューは、秋にオーストラリアへ遠征してGⅠ・コックスプレートを優勝、帰国後の有馬記念も制し、同年のJRA賞年度代表馬に選出された。その2019年は3連単1万4560円と堅めの決着だったが、2014年以降の6回中3回で3連単が“10万馬券”決着となるなど、人気薄の馬が上位に食い込んだ例も決して少なくない。(JRAホームページより)
阪神の馬場はBコース使用。例年よりは内が荒れていないが、それでも外のほうが馬場状態は良いはずだが、雨がどれだけ影響するか?今年も万馬券か?固い決着か? 真夏の世の夢馬券買ってみたい。

◎⑤サートゥルナーリア C・ルメール  昨年の皐月賞馬。雨でもその血統か、全然問題なし。GⅠ3勝目目指して、視界良好。最高のローテーションでここは堂々の主役で間違えなし。ルメール騎手で道悪うまくさばいて…。
〇⑪ラッキーライラック Ⅿ・デムーロ  エリザベス女王杯に大阪杯優勝馬。大阪杯から連覇狙って…。更に進化している、今の充実ぶりはすごいぞ!史上4頭目の親子制覇目指して虎視眈々。
✖⑯クロノジェネシス  北村友一    昨年の秋華賞馬。態勢万全。充実期に入って…。ベストのローテーションで外枠でさらに有利に…。
▲⑱ブラストワンピース 川田将雅    一昨年の有馬記念優勝馬。前走より良い状態。反撃必死。当然見直す。道悪も問題なし。
△③グローリーヴェイズ D・レーン   昨年の香港ヴァーズ優勝馬。半年ぶりでも実力は互角で問題なし。レー騎手は連覇狙って虎視眈々。
△⑭キセキ       武 豊     17年の菊花賞馬。先手主張。持ち味を生かして奇跡を起こす。武豊騎手はこのレース5勝目目指して虎視眈々。
△⑦ワグネリアン    福永祐一    18年のダービー馬。道悪大歓迎。この距離ピッタリ、態勢整って…。復活祈って…。
★①トーセンカンビーナ 浜中 俊    発馬のロスなければ、自力強化は間違えなし。3着までには入るとみて…、浜中騎手で要注意。

以上を ⑤サートゥルナーリアから馬単BOXで  ⑤⑪⑯⑱  で12点
馬単マルチ⑤⇔①③⑦⑭ で 8点
3連複⑤→①③⑦⑪⑭⑯⑱で21点
枠連3枠から総流し     で 8点
合計            で49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です