第55回フローラS(GⅡ)

第55回フローラS(GⅡ)

4月 26, 20
asakomori
no comments

2020年4月25日(土)

先週の土曜日の中山グランドジャンプ(GⅠ)に出場した9歳道悪の鬼といわれた、オジュウチュサン。雨もものともせずの5連覇達成。雨のせいで飛越した後、2回ほどヒヤッとしたが、それでも、他の馬を寄せ付けもせずの1着ゴール。ゴールした瞬間本当に感動した。この雄姿を来年も見たいものだ。ありがとうの一言だった。勇気をもらえた気がした。
また、先週の日曜日に行われた皐月賞は、1番のコントレイルが、無敗での優勝を飾った。しかも拍手もどよめきも歓声もない中、福永騎手はこれでJRA史上11人目のクラッシクレース完全制覇5冠達成騎手となった。しかも、これもまたJRA史上無敗馬対決の素晴らしい皐月賞の名勝負レースだった。道中は内側に入れず、あれ! と思っているうちにいつの間にか3コーナ手前で外側に馬をだして、あれよ! という間に直線を向いていた、しかし、その時サリオスも上がってきて、直線たたき合いをこちらものともせずに、1番でゴールイン。福永騎手はダービーもこれで距離的に問題なしと、レース後に嬉しそうに話していた。本当に素晴らしい記録ずくめの80回目の皐月賞だった。

(皐月賞の払戻金)
単勝 ① 270円  枠連 1-4 640円   馬単 ①⑦ 1120円
三連複 ①⑦⑯ 9150円   3連単 ①⑦⑯ 26310円

さて、今週から開催が変わり競馬が中山から東京に移った。でも東京も無観客、だからダービーもとうとう無観客競馬になる。また新潟競馬場の5月開催が無観客競馬。競馬史上初めての事態だ。毎週の願いだが早く終息してほしい。まさかダービー迄も無観客とは、コロナが世界中に流行りだした頃は、無観客の競馬は3月までだろうと思っていたが、甘かった。しかも今日からのゴールデンウィークの5月6日までSTAYホーム。東京都内の各区では、防災行政無線が、各自自宅で不要不急の外出をしないで欲しいと、訴える放送が一日中、町中に響き渡っていた。
競馬ファンといえば、家でパソコンや携帯を見ながらのんびり熱く競馬に燃えていたことだろう。
そんな中いきなり、朝一番で嬉しいニュースが、飛び込んできた。先週99勝で100勝まであと1勝となっていた藤田菜々子騎手は、今日の福島第1レースでJRA史上初女性騎手100勝を達成した。しかも、初勝利を飾った思い出の福島競馬場でだ。
そして、午後の京都競馬場10Rでベテランの秋山真一郎騎手は、JRA史上38人目、現役20人目の1000勝を達成した。(以下はJRAのホームページより)

藤田菜七子騎手、JRA通算100勝達成!

1Rで、7番シルバージャック号に騎乗し第1着となった藤田菜七子騎手(美浦:根本 康広厩舎所属)は、現役95人目、女性騎手では初めてJRA通算100勝を達成。
【藤田菜々子騎手のコメント】
JRA100勝達成までの道のりは、怪我などもあって、なかなか思うようにはいきませんでしたが、周りの方々のサポートや応援のおかげでこうして無事達成できたことに感謝しています。(所属厩舎の根本調教師からは)レース後に『おめでとう』と声をかけていただきました。こういった状況の中で無観客ではありますが、競馬ができることに感謝していますし、ファンの皆様がテレビの前で応援してくださっていることをとても嬉しく思っています。福島競馬場でたくさんのファンに囲まれて初勝利した時とは違って、無観客競馬での記録達成は凄く寂しく、早く皆様が競馬場に来場できるようになって欲しいと願っています。

秋山真一郎騎手、JRA通算1,000勝達成!

10Rで、10番スマートランウェイ号に騎乗し第1着となった秋山真一郎騎手(栗東:フリー)は、史上38人目・現役20人目のJRA通算1,000勝を達成しました。
【秋山真一郎騎手のコメント】
騎乗を依頼してくださった関係者の方々、ファンの皆様、そして家族に感謝しています。ありがとうございます。やはり無観客の競馬場は寂しいですし、1日も早くファンの前で競馬ができる日が来ることを祈っています。

二人ともファンの拍手喝采を受けられたらよかったが……。これも思い出かも……。藤田騎手、秋山騎手おめでとう。

さてさて、26日(日)オークスや安田記念に向かってのトライアルレースが、東京競馬場と京都競馬場で行われる。今日は東京のレースのみ予想したい。

第55回フローラS(GⅡ)IN 東京競馬場

オークストライアルのこのレース、2着までに優先出走権があたえられる。楽しみなレースだ。

◎⑨スカイグルーヴ   C・ルメール 良血馬だ。東のオークス馬筆頭候補。力上位で当然主役。東京の方が合う。名手ルメール騎手とオークスへ
〇⑪レッドルレーヴ   M・デムーロ こちらも良血馬。素質上位。末脚は確か。この舞台は持ち味生かせる。デムーロ騎手とこちらもオークス狙って虎視眈々。
▲⑦ホウオウピースフル D・レーン  態勢整って距離延長で反撃開始。この距離とこの舞台は経験済み。レーン騎手でこちらもオークスへと燃える。
✖⑯フアナ       R・ヒューイトソン 奥深い。底力十分ある。まだまだこれから、直線長い東京が合いそう。オークスへ向かっって一直線。
△③ウインマリリン   横山武史   初の東京コースでもこの距離問題なさそう。
△①エレヴァテッツァ  津村明秀   左回りが世よさそう。素質高し。重賞でも問題なし。久々でも注意必要。
△⑫ヴォリアーモ    三浦皇成   東京適正充分とみて、好センスの持ち主。3着までには入るとみて…。
★⑮ショウナンハレルヤ 田辺裕信   渋太さありで、要注意。

以上を⑨スカイグルーヴから馬単BOXで  ⑦⑨⑪⑯ で12点
馬単マルチで ⑨⇔①③⑫⑬で 8点
三連複で⑨⇔①③⑦⑪⑫⑬⑯で21点
枠連5枠から総流し    で 8点
以上         49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です