第80回桜花賞(G1)

第80回桜花賞(G1)

4月 12, 20
asakomori
no comments

2020年4月11日(土曜日)

人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、まさか。である。人生というよりは、人類が今その『まさか』に遭遇している。一刻も早くこの長いトンネルを出て見えない敵に打ち勝ちたいと、願うばかりだ。
今は、町の医院でもまず具合が悪い場合は直接こないで、電話で医師の指示を受け、必要なら来院の指示を出すが、薬だけなら薬局にとりに行く。「少しくらい具合が悪いからといって病院には、やたらにこないでください」とのことで、うっかり今の時期、風邪もひけないのだ。大変な世の中だ。
さて、いよいよ明日はクラッシックレース第一弾の桜花賞だ。しかし、無観客での競馬。来月のオークスは? ダービーはどうなるのだろう? そして、騎手たちは? 競走馬たちはコロナに感染しないのだろうか?

春のクラッシック戦線第一弾第80回桜花賞(GⅠ)IN 阪神競馬場

暗いニュースばかりではない、競馬界では、三浦皇成騎手がJRA通算800勝達成! 1Rで、5番ショウナンバービー号に騎乗し第1着となった三浦皇成騎手(美浦:鹿戸雄一厩舎所属)は、史上54人目・現役28人目のJRA通算800勝を達成。そして、藤田菜々子騎手が、落馬負傷から復活して2か月ぶりに福島競馬場で騎乗、本日の8R、7番人気のファストライフで勝利して991勝目を挙げた。あと1勝で100勝だ。頑張れ!
桜花賞は3歳牝馬による、ひとつめの頂上決戦。
桜花賞が行われる阪神競馬場の芝1600メートルは、2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズと、桜花賞のトライアルレースであるチューリップ賞と同じ舞台。同じ条件で行われるだけに、その2つのレースのいずれかで3着以内に入っていた馬が好走するケースが多い。

◎⑰レステンシア     武豊  反撃必死。昨年のJFの優勝馬は本領を発揮。チューリップ賞3着も、再び武豊騎手に戻り虎視眈々。武騎手は、桜花賞6勝目、自信の最年長クラシック優勝記録をかけて…。
〇④サンクチュエール   C・ルメール 瞬発力最高。勝負根性で、仕上がり順調で、3連覇狙うルメール騎手で逆転掛けて…。
▲⑨デアリングタクト   松山弘平  豪脚にかけて…。史上7頭目の無敗での制覇を虎視眈々と狙って…。頑張れ!松山騎手。
✖⑪クラヴァシュドール  M・デムーロ センス抜群。もう2着はいらない。名手デムーロ騎手でうまく立ち回って…。
△⑤マルターズディオサ  田辺裕信   チューリップ賞1着馬。自在の脚で、もしかしたら優勝あるかも…。
△⑧リアアメリア     川田将雅  態勢整って…。川田騎手自信2勝目の桜花賞を虎視眈々と狙って…。
△⑭ミヤマザクラ     福永祐一  素質開花する。レベル高いぞ。初の阪神コースも問題なし。
★⑬マジックキャスル   浜名 俊  今が最高の状態。3着までに来るとみて、要注意馬。

以上を⑰レステンシアから 馬単BOXで ④⑨⑪⑰ で12点
馬単マルチで⑰⇔⑤⑧⑬⑭で 8点
三連複⑰⇔④⑤⑧⑨⑪⑬⑭で21点
枠連  8枠から総流し で 8点
以上  合計      49点

頑張れ! 乙女たち!
そして、来週18日土曜日は、中山グランドJ(G1)に、5連覇を目指してオジュウチョウサンが出走予定だ。頑張れ!

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です