第71回朝日杯FS(G1)

第71回朝日杯FS(G1)

12月 15, 19
asakomori
no comments

2019年12月14日(土)

今年も後GⅠは3つとなった。来週はもう有馬記念だ。日めくりカレンダーの数も残り少なくなり、一年って早いなーとつくづく思う。

第71回朝日杯FS(G1)IN 阪神競馬場

このレースは昨年と一昨年無敗の馬が優勝していて、ここから来春のクラッシクレースへと出世街道を邁進する。3年連続のⅤを虎視眈々と狙っている無敗馬は3頭だ。ここから春のクラシック戦線で活躍する馬は? 今回も楽しみだ。

◎⑥サリオス      R・ムーア 目標は来春でもここを目標に、堂々の主役登場。底を見せていない、無傷の3連勝で王冠かぶる。
〇⑧タイセイビジョン  武豊    3戦とも上がりの脚は最速だ。折り合いつけば、なんの問題もなし。武豊騎手はこのレース初Ⅴを虎視眈々と狙って…。
▲⑫レッドベルージュ  C・スミヨン ディープインパクト産駒。器相当。こちらも無傷の3勝目を虎視眈々と狙って…。
✖②ビアンフェ     藤岡佑介   血統最高。先行する脚をかって…。マイルも問題なしとみて…。
△③ペールエール    O・マーフィー 瞬発力はGⅠ級。マーフィー騎手にも期待して…。反撃開始。前で粘って…。
△⑯ラウダシオン    C・ルメール  距離問題なし。態勢整って…。名手ルメール騎手で大外問題なし。
△⑦ウイングレイテスト 松岡正海  今のデキは最高。体質強化して…。3着までには入るとみて…。
★④トリプルエース   W・ビュイック 外国産馬はグレード制導入後6勝している。高速決着ならここは要注意。

以上を⑥サリオスから 馬単BOX で ②⑥⑧⑫で 12点
馬単マルチで⑥⇔③④⑦⑯で  8点
三連複⑥→②③④⑦⑧⑫⑯で 21点
枠連3枠から総流し で  8点
以上  合計        49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です