第20回チャンピオンズC(G1)

第20回チャンピオンズC(G1)

12月 01, 19
asakomori
no comments

2019年11月30日

第20回チャンピオンズC(G1)IN 中京競馬場

秋の長雨をさざんかの梅雨というのだそうだ。本当に雨ばかりで寒い日々が多かった。明日から晴れ。12月に入り師走だ。そして街にはクリスマスツリーやイルミネーションが、輝いてきれいだ。さあ、ダートの中距離路線の一線級が集まった、このレース。チャンピョンにふさわしい輝く王冠を手にするのは?

◎⑤クリソベリル    川田将雅   ダート界に現れた新星で3歳馬。高性能なエンジンが搭載されている。若さと勢いで、只今5連勝中しかも圧勝。無傷のV6を狙って虎視眈々。3歳でのⅤなら5頭目。
〇⑪ゴールドドリーム  Ⅽ・ルメール 実績上位。17年度の優勝馬。交流GⅠレースは5勝。末脚鋭い。まだまだ負けられない。
▲④インティ      武 豊    今年のフェヴラリーSの優勝馬。中京巧者だ。マイペースで逃げられれば、勝機は充分。
✖⑥オネガパフェーム  R・デットーリ 18年の東京大賞典と19年の帝王賞の優勝馬。好気配。一瞬の隙をついて…。その末脚に警戒必要。名手の手綱なさばきが見もの。虎視眈々と逆転狙う。
△③チュウワウィザード 福永祐一   今年のJBCクラシックの優勝馬。渋太さと息の長い末脚で…。堅実な走りでチャンピョン狙う。
△⑨サトノティターン  R・ムーア  勢い充分。動きは絶好調だ。左回りも最高。GⅠでも問題なし。
△⑧ウェスタールンド  C・スミヨン 昨年の2着馬。雪辱を果たそうと虎視眈々。スミヨン騎手は2度目の優勝を狙って…。
★①タイムフライヤー  O・マーフィー 芝もダートも通用。展開一つで急浮上鹿野。要注意。

以上を⑤クリソベリルから 馬単BOX で ④⑤⑥⑪ で 12点
馬単マルチで⑤⇔①③⑧⑨ で  8点
三連複⑤→①③④⑥⑧⑨⑪ で 21点
枠連3枠から総流し    で  8点
合計          49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です