第39回ジャパンカップ(GⅠ)

第39回ジャパンカップ(GⅠ)

11月 24, 19
asakomori
no comments

2019年11月24日

先週京都競馬場で行われたマイルCSは、春のマイル王インディチャンプが史上7頭目の同一年マイル制覇を果たした。初コンビを組んだ池添謙一騎手は、乗り替わりであったが、このレース4勝目。そしてGⅠ競走25勝目とその強さを見せつけた。これで12月8日に行われる香港マイルへ参戦する。頑張れ!

第39回ジャパンカップ(GⅠ)IN 東京競馬場
(ディープインパクトメモリアル)

さて、本日は紅葉がきれいな東京府中でGⅠ戦線真っただ中にジャパンカップが行われる。外国馬の参戦ないが日本ダービー馬3頭が参戦。そして友道厩舎は5頭だしで2勝目をⅤなら史上5人目を虎視眈々と狙う。しかし馬場状態が気になるが、今回も色々な記録がかかって楽しみだ。

◎②ワグネリアン    川田将雅     ディープインパクト産駒で18昨年のダービー馬。この距離2戦2勝。東京のこの舞台はピッタリ。絶好枠をひいて…。
〇⑧レイデオロ     W・ビューイック 17年のダービー馬。相性の良い東京で2年前のリベンジを虎視眈々と狙って…。
▲⑥ユーキャンスマイル 岩田康誠     地力強化で…距離延長で…、左回りは4戦3勝。ここに照準を当てて、東京の2400mは超得意の岩田騎手で初栄冠狙って…。
✖⑤スワーヴリチャード O・マーフィー  変身可能。距離延長は大歓迎。好勝負。
△①カレンブーケドール 津村明秀     ディープインパクト産駒で今年のオークス2着馬。好枠ゲット。今のデキなら、斤量の53キロを生かして…。頑張れ!津村騎手。
△④ムイトオブリガード Ⅽ・ルメール   東京巧者で、特にこの舞台はとても合う。気合が乗って、ルメール騎手で3着までにはあるとみて…。
△⑨ルックトゥワイズ  R・デットーリ  55キロの斤量は魅力。JC3勝の鞍上に期待して…。
★⑪シュバルグラン   Ⅽ・スミヨン   17年度の勝ち馬。国内初戦だが、スミヨン騎手で要警戒。

以上を②ワグネリアンから 馬単BOXで ②⑤⑥⑧ で 12点
馬単マルチで②⇔①④⑨⑪で 8点
3連複②→①④⑤⑥⑧⑨⑪で 21点
枠連 2枠から 総流し で 8点
合計           49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です