第60回アメリカJCC(GⅡ)

第60回アメリカJCC(GⅡ)

1月 20, 19
asakomori
no comments

H31年1月20日

新しい年が始まりもう20日立つ。まだまだ正月気分が抜けなくって困っている。しかし時は容赦なくどんどん進んで行く。1月の中山の競馬は最終週で、中山の名物GⅡ重賞レースが行なわれる。

第60回アメリカJCC(GⅡ)IN中山競馬場

このレースは、過去10年で一番人気は4連対。万馬券は3回もある。本命党には難しいレースかも…。若駒と古豪の戦いのレース。今週もバッチリ当てたいところだ。

◎④フィエールマン  Ⅽ・ルメール  強い明け4歳世代のディープインパクト産駒。ディープインパクトの後継馬になること間違えなし。菊花賞馬でしかも史上最速の4戦目での優勝の脚は本物。勝負根性も抜群でここは負けられない一戦。堂々の主役だ。
〇①ジェネラーレウーノ 田辺裕信  皐月賞3着馬。強い明け4歳の世代で、中山大好きで、この舞台は最適で、押切ありで、逆転あるかも…。
▲⑤ダンピュライト   北村友一  昨年の覇者。持続力を発揮して連覇かけて虎視眈々。
✕⑪サクラアンプルール 蛯名正義   8歳でも、中山のコースがあっている。有馬記念は不利を受けただけかも…。流れ次第では一発あるかも…。
△⑧シャケトラ     石橋 脩   この距離なら、見せ場充分ある。その底力を警戒して…。
△⓾メートルダール  O・マーフィー 末脚生きれば、3着までに入るかも…。
★⑦ステイインシアトル 内田博幸   休み明けでも問題なし。粘る可能性ありで、注意必要。

以上 ④フィエールマンから馬単BOXで ①④⑤⑪ で12点
馬単マルチで④⇔⑦⑧⓾ で 6点
3連複④→①⑤⑦⑧⓾⑪ で15点
枠連4枠から総流し  で 7点
合計      40点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です