第25回函館スプリントS、第23回ユニコーンS(GⅢ)

第25回函館スプリントS、第23回ユニコーンS(GⅢ)

6月 17, 18
asakomori
no comments

H30年6月16日

第25回函館スプリントステークス(GⅢ)IN 函館競馬場

昨年のこのレースの勝ち馬は3番人気のジェーヌエコールがレースレコードを1秒更新して、サマースプリントシリーズ第一線を制した。
さて、今年も函館も開幕週を飾る電撃の6ハロン戦のスピード重賞レースだ。

◎⑦ナックビーナス   三浦皇成  高松宮記念は3着。力尽けた。仕上がり万全。洋芝で、GⅢならこのメンバーなら、ここは重賞初制覇間違えなし。
〇⑧ワンスインナムーン 石橋脩  スピード勝負なら、こちらも虎視眈々と重賞初狙いに燃える。
▲②ダイアナヘイロー  武 豊   スピードは上位だ。夏が得意。小回りコースは得意。
✖①セイウンコウセイ  池添謙一  GⅠ覇者。警視禁物。
△⑬キングハート    北村宏司  昨年の2着馬。条件が好転して…。巻き返しに期待。
△④ジューヌエコール 北村友一  昨年の覇者。人馬共に連覇を狙って…。
△⑥ティーハーフ    国分優作  8歳でも、夏は大丈夫、強い、復活して、ここは要注意。
★⑮ライトフェアリー  柴山雄一  展開次第では…。3着までに入る。注意。

以上を⑦ナックビーナスから 馬単BOX で①②⑦⑧ で 12点
馬単マルチで⑦⇔④⑥⑬⑮で 8点
三連複⑦→①②④⑥⑧⑬⑮で 21点
枠連4枠から総流し  で 8点
以上        49点

第23回ユニコーンステークス(GⅢ)IN 東京競馬場

昨年のこのレースは、2番人気のサンライズノヴァが大外から豪快に自慢逢瀬脚一気に差し切って、4馬身差で優勝。うれしい初重賞制覇を飾った。
さて今年は、スター候補生が揃って?どんなレースになるのかな…?秋の中山から01年に東京のこの時期に代わって3歳のオープンレースで3勝してきた馬の実績が一番高い連対率があるレースだ。

◎⑭ルヴァンスレーヴ  Ⅿ・デムーロ  左回りは3戦3勝だ。ここでは本領発揮して…。東京コースでスムーズに走れば。勝つか負けるかだ。デムーロマジックで、ここは優勝は渡せない。
〇⑦グリム       川田将雅    勝負根性は抜群。粘る腰ある。
▲⑤グレートタイム   Ⅽ・ルメール  末脚鋭い。
✖⑧ハーベストムーン  戸崎圭太   3連勝を狙って、5レースとも3着以内は、で実績充分。堅実さをかって…。
△⑬リョウノテソーロ  吉田隼人   経験は豊富で…。ダートで変身する。
△⑨コマビショウ    武士沢友治  ここは目が離せない。3着以内必至。
△⑩バイラ       和田竜二   自在性の脚で力を発揮できる。
★⑫エングローサー   田中勝春   鋭さがさらに増して…。注意必要。

以上をスレーヴから 馬単BOXで ⑤⑦⑧⑭ で12点
馬単マルチ⑭→⑨⑩⑫⑬ で 8点
三連複⑭→⑤⑦⑧⑩⑫⑬ で21点
枠連7枠から総流し  で 8点
以上         49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です