第68回安田記念(GⅠ)

第68回安田記念(GⅠ)

6月 03, 18
asakomori
no comments

H30年6月3日

先週のダービーは、5番人気のワグネリアンが、平成年号最後ダービーの頂点に立ち皐月賞1番人気で7着のリベンジを見事に果たした。
『最も運の強いが勝つ』『ダービー馬の子はダービー馬に』と言われているダービー。
まさしく諺通りとなった。そして、福永祐一騎手は、19度目の挑戦でダービージョッキーに輝いた。直後のインタビューでは「福永家の悲願」でもあったと涙ながら嬉しそうに語っていたのが印象的だった。金子オーナーはダービー4勝目で馬主のトップにたった。

≪払い戻し金≫
⑰1,250円   枠連6-8 3,190円  馬単 ⑰⑫ 15,520円
三連複⑦⑫⑰ 521,600円  3連単 2,856,300円

春のGⅠ戦線第10弾 第68回安田記念GⅠ IN東京競馬場

昨年の安田記念は、マイルの絶対王者モーリスが引退していて、混戦のレースとなった。優勝したのは7番人気サトノアラジンが7度目の挑戦で新たな王者に輝いた。 一番人気のイスラボニータは8着。Ⅽ・ルメール騎手の4週連続GⅠ制覇を川田将雅騎手とのコンビでサトノアラジンが阻止した。
モーリス以降、この距離の絶対王者がいない。昨年も波乱だったが、さて今年はどうなのだろうか?

◎①スワヴリチャード  Ⅿ・デムーロ  初のマイル戦でも、東京コース最適な舞台。距離も問題なし。実績一番でGⅠ連勝を目指して充実一途。デムーロ騎手で虎視眈々。
〇⑮サングレーザー   福永祐一    マイルは問題なし。逆転可能。福永騎手は先週に続いてGⅠ連勝を狙ってこちらも虎視眈々。
▲⑤ペルシアンナイト  川田将雅    この距離最。適気配良好、差し切り願って…。
✖⑪リアルスティール  岩田康誠    充実一途、底力からは一番。
△⑭リスグラーシュー  武 豊     出来は上向き。もう2着はいらない。悲願達成Ⅴ狙って武豊騎手と虎視眈々。
△④アロエリット    戸崎圭太    NHKマイル一着。ここでも負けられない。
押し切る可能性大。
△②サトノアレス    蛯名正義    好勝負願って、状態アップ。注意必要。
★⑨レッドファルクス  田辺裕信    昨年の3着馬。左回り得意で注意必要。

以上を①スワヴリチャードから 馬単BOXで ①⑤⑪⑮ で12点
馬単マルチで①⇔②④⑨⑭で 8点
三連複①→②④⑤⑨⑪⑭⑮で21点
枠連1枠から総流し   で 8点
合計          49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です