第157回天皇賞・春(GⅠ)

第157回天皇賞・春(GⅠ)

4月 29, 18
asakomori
no comments

H30年4月29日

春のGⅠ戦線第5弾 第157回天皇賞・春(GⅠ)IN 京都競馬場

昨年のこのレースの優勝馬は、昨年の有馬記念尾で優勝して引退した、あのキタサンブラックだ。しかも日本レコードをコンマ9秒更新。しかも天皇賞・春を連覇を達成。しかも史上4頭目。鞍上の武豊騎手は同一GⅠレース8勝という快挙だった。しかし残念ながら武豊騎手は、クリンチャーで今年も騎乗予定だったが、騎乗停止中のため乗れない。

さて今年も素晴らしい役者が、淀の競馬場に集結。ちょっと難しくなったが、伝統の長距離の一戦で楽しみだ。

◎⑪シュバルグラン   H・ボウマン ここが大目標。三度目の挑戦で、虎視眈々。末脚確かで、信頼抜群。
〇⑧クリンチャー    三浦皇成   強い4歳世代の代表。状態は最高。充実一途。スタミナ相当。乗り代わりにも要注意。
▲⑫レインボーライン  岩田康誠   更に上昇で…。末脚確かで…。主役になれるかも?
✖⑥ガンコ       藤岡佑介   充実一途。新生出現スタミナ豊富で長距離向きだ。
△②チェスナットコート 蛯名正義   GⅠ初挑戦でも 絶好枠を引いて…。可能性大。
△⑭アルバート     Ⅽ・ルメール 距離延長は大歓迎。もしかしたら大仕事あるかも?
△⑩サトノクロニクル  川田将雅   地力最高。距離延長は大歓迎。
★⑮トーセンバジル   Ⅿ・デムーロ こちらも距離問題なし。デムーロ騎手で要注意。

以上を大魔神の⑪シュバルグランから馬単BOXで  ⑥⑧⑪⑫ で12点
馬単マルチで ⑪⇔②⑩⑭⑮で 8点
三連複⑪⇔②⑥⑧⑩⑫⑭⑮ で21点
枠連 6枠から総流し で 8点
合計         49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です