第13回 こんなふうにやります、競馬の予想

第13回 こんなふうにやります、競馬の予想

5月 27, 17
a
no comments

さて、馬券の買い方です。

枠連で買うのか、馬連で買うのかですが、当然、今や馬連の時代です。当たれば馬連のほうが配当もいいし、馬連にしてほしいという声はずいぶん前からありました。それに堅い馬券じゃつまらない。スポニチの諸星由美さんのように穴馬馬券を狙ってほしいという声もありました。しかし専門的に競馬をやる人はこの番組は聞かない、だから女性のしかもビギナーの私が予想をするのだから、女性対象の馬券の買い方にしたいと思いました。

先ほども書きましたが、つまり堅くて、配当は少ないけれど確実に元返しができる買い方。となると当然、枠連買いです。そして元金は毎週1万円しか使わない。これが競馬に勝つ方法。『チリ山馬券必勝法』であり、私が名付けた『銀行馬券法』です。つまり手堅く買って、配当金を元金を除いて預金しておく方法なのです。「朝ちゃん流競馬必勝法!」これではつまらない、だって今は馬連の時代だよという意見は続出しました。のちにゴンドラに行ったときも、スポーツ部の競馬担当の人にさんざん枠連はつまらないと言われました。

でも私は競馬を知らない女性の方たち、特にご主人が競馬好きだけれど、自分ではまったくやらない主婦の方とか、OLの人たちを対象に、わかりやすく、しかしガツガツしないで、競馬を楽しみながら少しお金を儲けようと、この方法を変えませんでした。今でもそのやり方で枠連を買います。ただし、私の場合、○枠○番という馬と○枠○番を、というやり方で放送していましたので、よく私の予想を聞いてくれている人たちは馬連も買って「ずいぶんと儲かった」なんてあとで言ってくれました。そうなんです、1年間予想して代用的中(つまり、同じ枠の中の私の選んだ馬のとなりに入っている馬のほうがきたケース)は5回しかありませんでしたから、馬連の的中確率だって高いのだと胸を張って言えます。エッヘン!

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です