第95回中山記念(GⅡ)、第65回阪急杯(GⅢ)

第95回中山記念(GⅡ)、第65回阪急杯(GⅢ)

2月 28, 21
asakomori
no comments

2021年2月28日(日)

先週の日本時間の日曜日の夜中(現地時間2月20日(土曜))にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われた、サウジデー(G1デー)に日本より5頭が参戦した。そして素晴らしい結果をだした。
まず6Rのサウジダービー、ダート1600m左回り、戸崎圭太鞍上のピンクカメハメハ(3歳)が優勝。7Rのリヤドダートスプリントでは、W・ビューイック鞍上のコパノキッキングが優勝。本当に凄い!2着には、戸崎圭太騎手鞍上のマテラススカイが入った。尚、坂井瑠星鞍上のジャスティンは6着だった。残念。8Rのサウジカップは、戸崎圭太鞍上のチュウワウィザードは6着だった。海外でも頑張っている競走馬たち、そして、コロナ禍で海外に行くのは難しい中遠征している戸崎圭太騎手や坂井瑠星騎手や競馬関係者の皆様には頭が下がる思いだ。そしてこの5頭はドバイワールドカップデーにも参戦。ドバイでも頑張って欲しい。
また、日本では同じく先週の日曜日、東京競馬場では、今年最初の大一番のGⅠ第38回フェブラリーSが行われ、16頭の砂の巧者が参戦した。その中ただ1頭の4歳馬でルメール騎手鞍上の1番人気カフェファラオが好位で行け出してGⅠ初優勝を果たした。
ゲートが開くと、かしわ記念を逃げ切っているワイドファラオと昨年の東海S勝ち馬エアアルマスが引っ張って、緩みのない流れが作られる。カフェファラオも好スタートから3番手を確保。3コーナーから4コーナーでもペースは落ち着かず、緊迫した空気のまま最後の直線へ。前との差をジリジリと詰めて、残り200メートルの地点で先頭に立つ。そこからはゴールまで粘るだけだ。芝マイル重賞3勝を誇るエアスピネルが馬群を割り、内からは武蔵野S勝ちのあるワンダーリーデルも伸びてきたものの、カフェファラオはこれらを振り切っての初のビックタイトルを手にした。2着には、9番人気8歳のエアスピネル、3着にも8番人気8歳のワンダーリテールが入って8歳馬の健在ぶりをアピールしていた。
レース後のインタビューで、C・ルメール騎手は「パドックで『勝てる』と感じた」また絶対の自信を持ってのった「アグレッシブなレースをしたかった」という思惑通りのポジションを取れた。「忙しかったけれど、よく反応してくれた」「トップコンディションならGⅠを勝てる馬。今日は本当のカフェファラオだった」と嬉しそうに語っていた。

≪フェブラリーS払戻金≫
単勝 ③ 330円   枠連 2-5   980円   馬単 ③⓾  9300円
3連複 ③⑦⓾ 24940円   3連単 ③⓾⑦ 101710円

  
▲カフェファラオの馬場入り ▲ゴール直後写真 ▲ゴール前に戻って首筋を撫でているC・ルメール騎手
  
▲無観客の客席と地下馬道に引き上げる同馬▲  ▲検量室前での自慢げな顔が可愛い…

さて、競馬会では、2月末が卒業シーズン。
でも一足早く先週の東京競馬場で行われたフェブラーSの誘導の仕事を最後に引退した誘導馬がいた。サクセスブロッケン号だ。現役時代に自身が勝ったこのレースを引退の花道に選んだのだ。無事に誘導の仕事を終えてほっとしていることだろう。引退後は鹿児島県の功労馬の牧場で余生を送る。本当にお疲れさま。

▼サクセスブロッケン号の誘導馬最後の雄姿▼
  

引退といえば騎手では、蛯名正義騎手も今日の中山でメインレース含め7鞍に騎乗して引退する。先週の小倉大賞典(GⅢ)にデンコウアンジュに騎乗して、JRA重賞10場全制覇を目指したが残念ながら5着、10場制覇ならず。3月からは技術調教師として藤沢厩舎で1年間修業予定。自厩舎が開業したら調教師として小倉の重賞を勝ってほしい。
また調教師角居調教師、西岡調教師などが引退。無事に本日を終えて花道を飾ってもらいたい。

第95回中山記念(GⅡ)IN 中山競馬場

◉有力馬が始動する春の中山の名物重賞

1936年に創設された80年以上の歴史を持つ重賞。春の中山の名物重賞として定着しており、すでにGⅠ戦線で実績を残している有力馬の始動戦となることが多い一戦だ。(JRAホームページより)
このレースは、1着馬に大阪杯(G1)への優先出走権が与えられる。上位拮抗でかなり面白いレースだ。

◎⑧ヒシイグアス    松山弘平    今の勢いが魅力。目下3連勝中。中山の適性高く、松山弘平騎手で更に本格化して、Ⅴ4間違えなし。
〇⑪クラージュゲリエ  C・ルメール  実力は上位。復調なる。この舞台も会いそうだ。
▲⑦バビット      内田博幸    4歳馬。中山の申し子。距離適性に戻って、勇躍東上、粘り腰前回なら逃げ切る。快速を生かすこの舞台を虎視眈々と狙って…。
✖①トーセンスーリヤ  横山和生    心配能力高まって、態勢整って…。中山の実績充分。コースも距離も適性充分。父は中山記念2勝、親子制覇を虎視眈々と狙って…。
△④ケイデンスコール  岩田康誠    京都金杯の勝ち馬。復調して、久しぶりでも問題なし。
△⑬ウインイクシード  横山武生    中山得意。中山金杯は2着。相手強化でも堅実身をかって…。
△⑥フランツ      Ⅿ・デムーロ  決め手は互角。要注意馬。
★⓾ゴーフォザサミット 蛯名正義    デキは良し、この距離問題なし。蛯名騎手引退に花を添える。要注意。

以上を ⑧ヒシイグアスから馬単BOX ①⑦⑧⑪   で12点
馬単マルチ⑧⇔④⑥⓾⑬  で 8点
三連複⑧→①④⑥⑦⓾⑪⑬ で21点
枠連5枠から総流し    で 8点
合計            49点

第65回阪急杯(GⅢ)IN 阪神競馬場

◉春の短距離戦線の大舞台へ

近年の優勝馬では、2013年のロードカナロアが同年の高松宮記念と安田記念を制覇、2014年のコパノリチャードが次走で高松宮記念を勝利している。また、2018年の2着馬モズアスコットが同年の安田記念を制しており、このレースを始動戦として、春の短距離GⅠ路線で上位争いに加わる馬が多い。(JRAホームページより)
1着馬に高松宮記念への優先出走権が与えられる。

◎②ダノンファンタジー  川田将雅   目標はここ。前走は牡馬相手に快勝。慈雨電しっかり完了。超得意の阪神のこのコースでV2可能。高松宮記念に向かって虎視眈々。
〇⓾インディチャンプ   福永祐一   態勢整って…。今が充実の6歳馬だ。その底力を信頼して…。
▲⑧レシステンシア    北村友一   牝馬4歳時代を引っ張てきた好逸材。再出発可能。54キロで力をだし切れれば…。
✖⑭トライン       池添謙一   距離短縮は好材料。流れに乗って食い込み可能性大。
△⑰ベストアクター    団野大成   昨年の覇者。センスの良さは一級品。鉄砲かけOK.要注意。
△⑬ジャンダルム     萩野極    体調は良い。一瞬の脚と器用さを生かして3着までには入る可能性大。
△⑦クリノガウディー   岩田望来   朝日杯FSの2着馬で昨年の高松宮記念1位入線の隠れた実績馬だ。状態は上向きで注意。
★③カツジ        武 豊    気分よく走れれば、一発あるかも…。要注意。

以上を②ダノンファンタジーから 馬単BOX  ②⑧⓾⑭ で 12点
馬単マルチ②⇔③⑦⑬⑰ で  8点
三連複②→③⑦⑧⓾⑬⑭⑰で 21点
枠連 1枠から総流し  で  8点
合計            49点

leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です